こちらはデモカタログです(注文はできません)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青) 【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青) 【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青) 【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青) 【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
【琉球ガラス】深海グラスセット(ピンク/むらさき&ターコイズ/青)
雫工房

季節や時間によって変化する工房から見える海を表現したくて作成しました。

手作りのため多少の個体差がでます。
一期一会の出会いを楽しんで頂けると嬉しいです。

■使用上の注意
手作りのため一つ一つの形、大きさ、色や気泡など多少の違いがあります。
耐熱ガラスではありません。熱湯を注いだり、電子レンジ、食洗機のご使用は避けてください。

■サイズ
高さ:(約)8.5cm 
口径:(約)7.5cm
2個セット
........................................................................................

🌈琉球ガラスについて

昔(昭和初期1940年頃)は飲み物を入れる容器といえばガラス瓶でした。
当時の沖縄はガラスの容器は本土から輸入していたそうです。しかし「運ぶ途中でよく割れるよね」ということで小さい工場、工房ができたそうです。

そんな時代に沖縄の歴史において切っても切れない戦争が起こり、全ては壊され焼け落ちてしまいました。

敗戦後、何も無い焼け野原。
当時のガラス職人たちは生きるために考えました。

駐留米軍が飲んでいたコカ・コーラやビールの廃瓶。
「コレ溶かして作れるんじゃない?」これが【琉球ガラス】のはじまりです。

廃瓶から製造されたガラス製品は、気泡が入ったり厚みが均一でなかったりと、本来ならば不良品とされていましたが、この独特の特徴を駐留米軍が日常生活や帰国時のお土産として購入し、後に沖縄土産として人気を呼び現在に至ります。

戦争で米軍に工房を壊され、米軍が廃棄した瓶を原料にガラス製品を作り、それを米軍が購入して生活ができるようになる。
戦争の絶望を乗り越えて、試行錯誤して生み出したであろう琉球ガラス。その思いを考えると胸がぎゅっとなります。

当時の製法にならい、廃瓶を再利用し、作品を制作しているガラス作家さんが現在も多くいらっしゃいます。
泡盛の廃瓶が淡いブルーのグラスになり、オリオンビールの廃瓶が柔らかい茶色のグラスに生まれ変わったりと、沖縄にしかない色合いを楽しむことができるのも琉球ガラスの大きな魅力です。

廃瓶を再利用する製法ではなく、ガラス原料を使用し制作された、南の島ならではの原色の琉球ガラスの人気も高く「廃瓶リサイクル作品」「ガラス原料作品」ともに、多くの方々に愛用されています。

........................................................................................

🌺琉球ガラス工房 雫🌺
自然いっぱいの読谷村にある夫婦で営む小さな琉球ガラス工房です。
陸ガメのしずくとチビ、招き猫のミミと一緒に毎日楽しくガラス作りをしています。

🌈ガラスを始めたキッカケ🌈
父や叔父達がガラスに従事しているガラス一家に生まれ、ガラス工房が遊び場だった16歳で修行を始め35年余り。数々の工房で修行し、2014年、妻の地元であった読谷村に工房をオープン。
自然いっぱいの長閑なこの地から、伝統的な琉球ガラスの技法だけにとどまらず、県外や海外の工房で得た技法を取り入れ、日々作品作りに精進しています。

🌈琉球ガラス工房 雫の思い🌈
小さな工房ですが、デザインや色彩にこだわり、お客様を笑顔にする温もりのある琉球ガラス工房を目指しています。
琉球ガラスのある生活で皆さんの幸せ作りがお手伝いできたら嬉しいです。

家族・仲間・友人への感謝に
ひとしずく
お客様への感謝に
ひとしずく
琉球ガラスを生み出し
発展させてきた先人への感謝に
ひとしずく
沢山の感謝の元
琉球ガラス工房雫のガラス達は
生み出されています

伝統を継承しながらも
新しく進化した作品作りを
していきたいと思っております

貴方の元へも
幸せの雫をポトリ*

........................................................................................

【略歴】
1969年  恩納村生まれ
1985年  共栄ガラス工房入社
1994年  燦工房入社
1996年  琉球ガラスの郷入社 
2001年  清天工房入社 
2004年  匠工房入社 
      第56回 沖展入選
2005年  第57回  沖展入選 
2006年  てぃだ工房入社
     第58回 沖展 奨励賞受賞「波文様冷茶セット」
2007年  第59回  沖展入選
同年7月 リウボウ美術サロンにて「てぃだの輝き」工房展開催
2008年  沖縄県工芸公募展 入選
同年   第60回 沖展 奨励賞受賞「閃光」
2009年  第61回  沖展入選
同年   沖縄県工芸公募展  入選
同年   沖縄県工芸士認定
2010年  第62回  沖展入選
同年   沖縄県工芸公募展  入選
2011年  第63回  沖展入選
同年   沖縄県工芸公募展  入選
2012年  第64回  沖展入選
同年   沖縄県工芸公募展  入選 
第10回 craft in 沖縄市 クラフトマンシップ賞 受賞
第11回 craft in 沖縄市 入選
2014年  琉球ガラス工房 雫 設立
2016年  第67回  沖展入選
第14回 craft in 沖縄市 奨励賞受賞「レース紋様 酒器セット」
2017年  第68回 沖展入選
2018年  第69回沖展 奨励賞受賞「circle」
沖展準会員推挙

#沖縄本島
#民芸品
ギフト一覧 このギフトにする